レーシックの代表的な術式記事一覧

本来の「レーシック」はこれエキシマレーザーを使った近視治療全般を混同して「レーシック」と呼んでいる人が多いです。しかし、本来は、マイクロケラトームを使用してフラップを作成する術式が「レーシック」という呼び方になります。※写真は品川近視クリニックの公式サイトより引用特徴最も基本的なレーシックが、マイクロケラトーム(医療用のカンナ)を使用する施術方法です。マイクロケラトームを眼球に押し当てて、刃をスラ...

フラップをレーザーで作れるようになった「フェムト秒レーザー」というのは、フラップ作成で使用するレーザー機器の一般的な呼び方です。フェムト秒レーザーの登場によって、それまで医師が手作業で行っていたフラップ作成が、レーザー機器によって半自動的に行われるようになりました。特徴フラップ作成に、フェムト秒レーザーを使用する術式です。1000兆分の1秒(フェムト秒)単位の間隔でレーザーを照射します。精密レーザ...

現在の主流がウェーブフロントレーシックエキシマレーザーの照射パターンを、患者ひとりひとりの角膜の状態に合わせてカスタマイズできる施術メニューです。通常のフェムト秒レーザーレーシックより費用が高くなってしまいますが、不正乱視を防止できるため見え方の質が高まると言われています。特徴ウェーブフロントというのは、角膜のゆがみを解析する測定機器です。解析したゆがみのデータをエキシマレーザーと連動させることで...