【Q&A】コンタクトレンズとの比較

私は眼鏡をかけて生活しているのですが、運転免許の更新が近づいていることもあり、近々コンタクトレンズを購入しようかと思っております。

 

ただ、レーシックという選択肢もあるのかなと思いはじめ、ここ数日ネットで情報収集しておりました。それで、こちらのサイトにたどり着いたのですが、質問を受けていらっしゃるようだったので質問させてください。

 

コンタクトレンズとレーシックではリスクという意味ではどちらがいいのでしょうか? また、レーシックをして失敗することはないんでしょうか? それから、レーシックは手術費用が高いのですが、それだけの費用を払うだけの価値はどうなんでしょうか?

 

やはり最初はコンタクトレンズの方がいいのかなと思いますがどうでしょうか? 教えていただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

当サイト管理人はレーシック経験者ですが、レーシックする前はコンタクトレンズを使用していた経験もあります。そこで、ご質問の回答として、私自身の体験談みたいなのをお話ししてみたいと思います。

 

大学生時代はハードコンタクト

 

私は中学生くらいから視力が落ち始め、大学生になったころには左右とも0.3くらいになっていたと思います。かなり前の話なので正確な数字は覚えていないのですが、だいたい0.3くらいではなかったかと思います。それまでは授業中だけ眼鏡をかけて、それ以外のときはよく見えないまま裸眼で生活していました。

 

大学生になってハードコンタクトレンズを購入

 

大学生になってから、眼鏡を外でかけるのに抵抗感を持ちはじめ、コンタクトレンズを買うことにしました。あの当時はレーシック手術が存在していなかったため、コンタクトレンズしか選択肢がなかったわけです。コンタクトレンズにはハードとソフトの2種類ありますが、大学生で貧乏だったこともあり、メンテナンス費用の安いハードコンタクトレンズを作りました。

 

ハードコンタクトレンズを使いはじめてしばらくは、目がゴツゴツしてすごく違和感を感じた覚えがあります。硬い異物を目の表面に貼り付けているわけなので、当然といえば当然ですよね。なかなか慣れることができずに、最初は大変な思いをしたのを思い出します。

 

コンタクトレンズを落としてしまった

 

ハードコンタクトレンズにようやく慣れてきたころ、すごくショックな出来事がありました。なんと、コンタクトレンズを落としてしまったんです。ハードコンタクトレンズは直径が小さいので、ポロッと落としてしまいやすいんです。

 

落としたら拾えばいいじゃないかと思うかもしれませんが、落としたコンタクトレンズを探すのは簡単ではありません。落ちた拍子にコロコロ転がっていったり、風が吹いて車道の方に飛んでいってたり、人通りの多い場所だと踏まれてしまったり…。

 

しかも、コンタクトレンズを落としているということは、自分の目がよく見えないまま探さないといけないということです。なので、ほとんどのケースで見つけられないことが多いと思います。実際、私も見つけ出すことができずに、新しく買いなおさないといけなくなりました。突然の出費数万円…。貧乏学生の私にはかなり厳しい出費でした。

 

社会人になってソフトコンタクトレンズに

 

社会人になってお給料をもらうようになってから、思い切ってソフトコンタクトレンズに買い換えることにしました。視力が落ちて度が合わなくなってきていたのと、ハードコンタクトレンズの装用感にどうしても納得できなかったからです。

 

ちなみに、当時使っていたのは2ウィークタイプの使い捨てコンタクトレンズです。ハードコンタクトレンズと比較すると圧倒的に違和感が少なく、感激した覚えがあります。直径もハードより大きくて、落としにくいというのもメリットだと思います。

 

ソフトコンタクトレンズにも不満が

 

そんな感じで、最初のうちは「ソフトコンタクトレンズ最高!」と思っていたのですが、使っているうちにしだいに不満も出てきました。細かくあげるといろいろあるんですが、例えば次のようなデメリットがあるなと感じました。

 

ソフトコンタクトレンズに感じたデメリット
  • 継続的に費用がかかる
  • 目のコンディションが悪くなる

 

ソフトコンタクトレンズは定期的に買い換えないといけなかったり、ケアグッズもそれなりにいい値段がしたり、継続的にけっこうな費用がかかってしまいます。1回あたりの出費はそれほどでもなくても、10年20年と使い続けていると、かなりバカにならない出費になるなと感じました。

 

目の調子が悪くなってきた

 

もう一点は、目のコンディションがすごく悪くなってしまったということです。目が充血しやすくなったり、ドライアイがひどくなったり、夕方くらいになると目がショボショボしてがまんできなくなってきたりしたんです。おそらく、長年コンタクトレンズを使い続けていたので、角膜の表面に細かい傷がたくさんできてしまってたんだと思います。

 

また、コンタクトレンズは酸素を十分に通さないため、角膜に酸素が不足してしまったりしがちです。酸素が不足するとどうなるかというと、人間の細胞は酸素を取り入れないと生きられないため、角膜表面の細胞が死んでしまうわけなんです。

 

目の充血、ドライアイ

 

さらに言えば、装着後の洗浄が充分でないと、傷んだ角膜表面からバイキンが入り込んで、炎症を起こしてしまったりします。つまり、充血したりドライアイになったりという不調は、酸素の透過不足と細菌による軽い感染症のような症状なわけです。

 

ハードコンタクトレンズ時代から数えて15年くらいコンタクトレンズを使い続けていましたが、あまりにも目のコンディションが悪かったため、コンタクトレンズはもはや限界かもしれないなと思うようになってきました。

 

レーシック手術を受けることに

 

そんなこんなで、コンタクトレンズをこれ以上使い続けることは無理だと判断して、思い切ってレーシック手術を受けることにしました。費用がちょっと高いとか、目の手術なので怖いという気持ちはありましたが、それ以上にメリットが多いなと思い始めたんです。

 

レーシックは一回払い切りの手術なので、手術してしまえばそれ以降は費用が一切かかりません。コンタクトレンズはずっと継続的に費用が発生してしまいますが、レーシックすればそれ以降の費用が一切発生しないわけです。これは大きなメリットだと思いました。

 

また、レーシックすれば「裸眼」で生活できるわけなので、コンタクトレンズを付けていたときみたいに目の調子が悪くなることもないだろうと思いました。目がショボショボして調子が悪かったので、すぐにでもレーシックして、この調子の悪さから開放されたいと思いました。

 

レーシックも選択肢のひとつ

 

ご相談者様は「近々コンタクトレンズを購入しようかと思って」いらっしゃるとのことですが、そのような回り道をせずに、いきなりレーシックするという選択肢もあると思います。

 

レーシックにはリスクもあるので無理にとはいいませんが、リスクを理解したうえで、納得してレーシックするのであれば個人的におすすめできます。

 

コンタクトレンズを否定するつもりはないですが、私自身はコンタクトレンズにいろいろ不満を持っていました。レーシックしたことでそういった不満が解消できたので、とても良かったと思っています。

 

コンタクトレンズを買いに行く前に、レーシックの適応検査を受けてみるといいかもしれません。検査を受けて、お医者さんにいろいろ相談してみて、そのうえでやはりコンタクトレンズがいいと判断するなら、コンタクトレンズを選べばいいと思います。