【Q&A】レーシック手術を受けるべき適応年齢は?

私は就活中の大学生なんですが、社会人になったら忙しくなると思いますし、できれば大学生のうちにレーシック手術を受けておきたいと思っています。

 

ただし、レーシック手術は費用がちょっと高いので、大学生の私にはちょっとハードルが高いのも事実です。できれば大学生のうちにとは思っているものの、社会人になってから暇を見つけてレーシックするしかないかもしれません。

 

そこでご質問させていただきたいのですが、レーシック手術を受けるべき適応年齢は何歳から何歳までですか? 適応年齢を教えていただいたら、なるべくその適応年齢の範囲でレーシックしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

レーシックの適応年齢についてのご質問ですが、まず知っておきたいのが「レーシックしてもよい下限年齢」です。レーシックには日本全国共通のルールがあって、日本眼科学会がまとめたガイドラインがその共通ルールです。

 

下限年齢に関する規定はある

 

レーシックの施術を行うクリニックは、このガイドラインに従って設備を整えたり施術を行うことになっています。そして、そのガイドラインの「下限年齢」に関する部分はこちらです。

 

 

レーシック手術を受けられる下限年齢は18歳と規定されていて、18歳未満の方はレーシックを受けることができません。

 

ご相談者様の場合は、就活中の大学生とのことなので、おそらく18歳以上だと思います。その場合には、今すぐレーシックしても規定上は問題ないといえます。

 

レーシックの適応年齢に関する上限は特にない

 

一方で、レーシックしてもよい「上限年齢」はどうかというと、ガイドラインには特に規定はありません。

 

何歳以上はダメみたいな規定はありませんが、ある程度年齢が上の方については、担当する医師の判断でレーシックできないケースは増えてきます。つまり、事前の適応検査を受けた結果、目に何らかの異常が見つかった場合などです。

 

加齢に伴う不具合があるとレーシックできないことも

 

一般に、年齢が高くなってくると、身体のふしぶしに不調が出てくるものですよね。目に関しても加齢による不調があって、白内障であったり、老眼であったり、さまざまな炎症であったり、いろんな不調が出てくるものなんです。

 

そういう場合には、担当の医師の判断でレーシックの施術を見送るケースが出てきます。つまり、レーシックの「上限年齢」というのは、加齢によって目に何らかの問題があると判断されるときで、個人差があるということになりますね。

 

レーシックできる年齢に上限はないですが、興味があるなら早めにやったほうがいいのは間違いありません。つまり、費用対効果の部分だったり、身体的な回復力の問題だったりですね。

 

いずれにしても、レーシックするタイミングは人それぞれだと思います。就職のとき、転職のとき、結婚するときなど、何かのライフイベントをきっかけにするなどしてもいいかもしれません。