【Q&A】花粉症でもレーシックして大丈夫でしょうか?

コンタクトレンズを長年使用しているのですが、花粉症の時期になると、目が開かないくらい目ヤニがでてしまいます。おそらくアレルギー性の症状で目ヤニがすごいのだと思います。

 

とりあえず目薬をさして目ヤニを洗い流したりするのですが、コンタクトの内側に目ヤニが入ってしまったときとか、目薬をさしても視界がボンヤリしてしまったりして、すごく困っています。

 

そのため、花粉症の時期が来る前にレーシック手術を受けたいと思い始めたのですが、花粉症の症状がある人でもレーシックして大丈夫でしょうか? レーシックでは角膜にフラップを作ると聞いていますが、花粉症で目が痒くてかいてしまった場合に、フラップがめくれてしまったりとかしないでしょうか?

一般論で言えば、花粉症でもレーシックすることはできます。むしろ、花粉症の人にこそ、レーシックはメリットがあるように思います。

 

なぜ花粉症の人にとって、レーシックがメリットがあると言えるのか? それは、花粉症の症状がある人は、花粉症の時期にはコンタクトレンズはなるべく使わないほうがいいからです。コンタクトレンズに付いた花粉が目に刺激を与え、アレルギー反応を強めてしまうと言われているからです。

 

大量の目ヤニはアレルギーの症状?

 

目ヤニが大量に出てしまうというのは、もしかするとアレルギー性結膜炎のような症状なのかもしれません。目ヤニなどが一日中コンタクトレンズに付着していると衛生面でもよくないですし、眼病につながる可能性があります。

 

なるべく眼鏡で生活するか、コンタクトレンズを使わなくてすむレーシックも選択肢のひとつになると思います。

 

花粉症の症状がない時期にレーシックしてください

 

花粉症の人にはレーシックが向いてると思いますが、施術時期については慎重に考えたほうがいいと思います。というのも、レーシックしてから数ヶ月は、患部が安定してない可能性があるからです。

 

例えば、花粉症で目が痒くなってしまったとします。そのときに、目をゴシゴシこすったりしてしまうと、フラップがズレてしまうかもしれません。起きてるときは気をつけていても、寝てるときにゴシゴシやったりすることも考えられます。

 

そういったことがないように、花粉症がおさまった夏頃とかにレーシックするのが無難ではないかと思います。

 

花粉症の人で、普段コンタクトレンズを使っているなら、レーシックは検討してみる価値があると思います。

 

ただし、目に何らかの炎症が残っているとレーシックできないので、花粉症がおさまってから適応検査を受けてみてください。カウンセリングのときに花粉症のことも医師に話して、相談してみてくださいね。