【Q&A】レーシックして視力が低下した理由は?

先日、レーシックの手術を受けたものです。レーシックして遠くが見えるようになったのはいいのですが、手元の新聞やPCがぼやけて見えにくくなってしまいました。レーシックして視力が低下してしまったことにショックを受けています。なぜレーシックしたのに、視力低下してしまったんでしょうか?

「遠くが見えるようになった」とのことなので、レーシック自体は成功してるように思います。レーシックは遠くが見えにくい「近視」の状態を治療する手術です。つまり、遠くが見えるようになったのであれば、近視は治療できたということではないでしょうか。

 

一方で、「手元の新聞やPCがぼやけて見えにくく」なったとのことですが、これはもしかすると「老眼」の症状かもしれないですね。

 

見えるようになったことで老眼に気づく

 

レーシックを受ける以前から老眼の症状が出ていた場合に、見えるようになったことで老眼に気づくことがよくあります。レーシック後に視力が低下したのではなく、
もともとあった老眼の症状に気がついたということだと思います。

 

・40歳を超えたころから目の筋力が衰える

・近くにピントを合わせにくくなる老眼の症状が出る

・近視でもともとぼやけてるので老眼に気づきにくい

・レーシックを受ける

・視界がクリアになる

・近くが見えにくいことに気がつく(※老眼に気づく)

 

年齢が分からないですが、もし40歳を超えているような年代でしたら「老眼の症状」が疑われるケースだと思います。

 

ただし、大切な目に関することなので、何かおかしいなと少しでも思うのであれば、まずは眼科医に相談することをおすすめします。お近くの眼科に行って、レーシックの手術を受けたことを話して、問題があるのかないのか診察してもらってください。

 

 

レーシック後に生じた目の不調については、自分ひとりで判断せずに、医師に相談することが大切です。

 

なにか大きなトラブルがあれば早めに対処しなければいけませんし、特に問題ないならそれに越したことはないですね。