【Q&A】レーシックすると老眼が早まる?

会社の上司が、レーシックして老眼になったと言っていました。私はまだ20代なので老眼は関係ないと思うのですが、レーシックして老眼が早まってしまうのはちょっと嫌だなと思います。実際のところ、レーシックすると老眼が早まるというのは本当なんでしょうか?

私もレーシックする前は「老眼ってどうなんだろう?」ってことが気になってました。そこで、お医者さんに聞いたほうが手っ取り早いと思って、適応検査のカウンセリングのときに質問してみたんです。

 

レーシックと老眼は関係ない?!

 

で、そのときにお医者さんが言ってたのは、老眼というのは目の筋肉の老化現象みたいなもので、角膜表面の状態とは直接的な関係はないとのことでした。つまり、角膜を削るレーシック手術と、老眼の進行については関連性がないということなんです。

 

角膜を削ってもピント調整機能には影響しない

 

上の図を見ても明らかですよね。眼球の構造的に考えて、角膜とピント調整機能はまったく別の部分です。レーシックと老眼に関連がないというのは納得できる話ではないでしょうか。

 

とはいえ、実際に「レーシックしたら老眼になった」という体験談をよく耳にします。角膜とピント調整の筋肉には関係がないのに、どうして「レーシックしたら老眼になった」と言う人がいるんでしょうか?

 

「レーシックしたら老眼になった」のほんとうの意味

 

これについて私の個人的な印象では、「老眼になった」のではなく、「老眼に気付いた」というのが実際のところではないかと思います。つまり、レーシックで視界がクリアになったために、すでに老眼の症状が出始めていたことに気がついたというわけです。

 

「すでに老眼だったことに気づいた」ということ

 

レーシックするまでは「よく見えない」のが当たり前という状態です。遠くがぼんやりしていても違和感を感じず、近くがぼんやりしてしいても違和感を感じず、「どうせこんなものだ」という思い込みから老眼に気づきにくくなるのは十分にありえることです。

 

それが、レーシックして遠くがスッキリ見やすくなったことで、「あれっ? 近くだけやけに見づらいな…」となるわけです。こういった理由で、「レーシックしたら老眼になった」と勘違いしてしまう人がいるんだと思います。

 

レーシックについて疑問がある場合は、お医者さんに直接質問するのが手っ取り早いです。

 

適応検査に申し込めば、お医者さんによるカウンセリングも受けられます。レーシック専門医と話をする絶好のチャンスなので、ちょっとでも疑問に思うことがあれば、どんどん質問するようにしてください。