【目の疲れを取る方法6】目を冷やす

 

前の記事で、目を温めることを
おすすめしましたが、

 

逆に、目を冷やすことでも
目の疲れがとれたりします。

 

 

目を冷やすことの効果

 

 

目を酷使していると、

 

目に力が入りすぎて、白目が
充血することがあります。

 

 

そのような「充血」をともなう
疲れ目の場合には、

 

目を冷やして、充血の症状を
緩和することをおすすめします。

 

 

目の異常が緩和されると、

 

目の違和感も緩和されて、
目の疲れがやわらぐからです。

 

 

温めるvs冷やす

 

 

目の疲れを取るのに、

 

温めるのと冷やすのと、
どちらが効果的かという
ことですが・・・

 

 

即効性があるのは「冷やす」方法

 

 

目を冷やすと、

 

目がスーッとして、清涼感で
リラックス効果を感じます。

 

 

いわゆる「即効性」のある
疲労回復方法です。

 

 

ただし・・・

 

 

効果は一時的なことが多く、
すぐに症状が、ぶり返します。

 

 

改善効果があるのは「温める」方法

 

 

前の記事のおさらいになりますが、

 

目を温めると、血行が促進されて、
疲労物質を洗い流してくれます。

 

 

つまり・・・

 

 

疲労物質が取り除かれるため、

 

眼精疲労がぶり返しにくく、
効果が長続きするというわけです。

 

 

日常的に眼精疲労に
悩んでいる方には、

 

毎日、就寝前などに目を温める
習慣をつけることをおすすめします。