目の疲れを取る方法記事一覧

目が疲れたときに、最も手軽に疲れを取る方法が、目の周りのツボを刺激することです。「ツボ」とは何か?私たちの体の内部にはいろいろな臓器があります。それら臓器に直接触れることはできませんが、ツボを刺激することで、臓器に「間接的」に触れることができます。つまり・・・目と連携しているツボを刺激すれば、目の働きを活性化する効果が期待できるというわけです。ツボの位置目の周りにあるツボには以下のようなものがあり...

目が疲れたときに、目薬をさすと、目がスッキリして気持ちよくなります。とても手軽にできる方法ですし、一時的に高い効果が得られます。眼の表面を保湿する効果目薬の効果として最も代表的なのが、眼の表面を保湿する効果です。パソコンで仕事などしていると、集中して画面を凝視してしまい、まばたきを忘れてしまうことがあります。そのため、眼の表面が極度に乾き、目に違和感を感じるわけです。目薬をさすことで、眼の表面が潤...

目が疲れる原因のひとつが、眼の筋肉が緊張しっぱなしで、凝り固まってしまうことです。パソコンの画面など、一定の距離にピントを合わせ続けることで、目の筋肉に長時間にわたって負荷がかかっているわけです。ギュッパ運動眼の周囲の筋肉を強制的に動かすために、目をギューッとつぶって、パッと見開く運動をしましょう。目の体操「ギュッパ運動」・目をギューッとつぶる↓・3秒数える↓・パッと見開く↓・5セット程度繰り返す...

パソコンの画面などをジーッと見続けると、ついつい、まばたきすることを忘れてしまいがちです。目が開きっぱなしのため、目の表面が乾いてしまって、目に違和感を感じます。そして・・・その違和感によって、目が疲れたという感覚になるわけです。涙の役割涙といえば、泣くときに出るものと思いがちですが、泣いていないときでも、1日平均2〜3ccほど分泌しています。※「1cc」=「1cm×1p×1pの立方体の体積」※つ...

目が疲れてショボショボしているなら、目を温めることをおすすめします。目を温めることで、目の周りの血行が促進されて、目にたまった疲労物質をきれいに洗い流してくれるからです。就寝前のリラックスタイムなどに、ぜひ試してみてください。目を温める方法洗面器に、少し熱めのお湯を用意してください。そこにタオルを浸して、固く絞って目の上にのせましょう。冷えてきたら、必要に応じて何度か繰り返すといいです。5〜10分...

前の記事で、目を温めることをおすすめしましたが、逆に、目を冷やすことでも目の疲れがとれたりします。目を冷やすことの効果目を酷使していると、目に力が入りすぎて、白目が充血することがあります。そのような「充血」をともなう疲れ目の場合には、目を冷やして、充血の症状を緩和することをおすすめします。目の異常が緩和されると、目の違和感も緩和されて、目の疲れがやわらぐからです。温めるvs冷やす目の疲れを取るのに...

重いものをずっと持っていると、だんだん腕がしびれてきて、筋肉が疲れてくると思います。じつは、目が疲れている人には、それと同じ現象が目に起きています。つまり・・・目のピント調整機能を受け持つ毛様体筋が疲れてしまっているわけです。一定の距離を見続けることが原因パソコンの画面など、一定の距離だけをずっと見つめていると、その距離に目のピントを合わせ続けないといけないため、毛様体筋がずっと同じ状態をキープし...

薄暗い部屋の中でデスクワークなどやっていると、文字などが見えにくいため、目の筋肉や、視神経などがとても疲れてきます。つまり・・・部屋の明るさが不足しているため、眼精疲労になっているわけです。目にいい環境を整えましょう!節電が叫ばれるご時世ですが、そうは言っても、自分の視力を犠牲にしていいわけはありません。薄暗い部屋で仕事や勉強をすると眼精疲労の原因となり、さらには、視力低下の原因になってしまいます...

勉強やデスクワークをするときの姿勢が悪い人が多いです。姿勢が悪いと第三者から見た印象が悪いですし、カラダにいろいろな弊害がでる可能性があります。姿勢が悪いと目が疲れる座っているときの姿勢が悪いと、机の上の本やパソコンの画面などに、目が近くなってしまいます。目が極端に近い状態が続くと、目の筋肉が緊張した状態が続き、目が疲れてしまいます。目の疲れが慢性的になると、目のピント調整機能が低下して、視力低下...

カラダが疲れているときは、とにかく、しっかり栄養をとって、しっかり睡眠をとることが大切です。そして・・・目が疲れているときも、しっかり栄養をとって、しっかり睡眠をとることが大切なんです。目の疲れをとる食事食事で最も重要な事は、栄養バランスに配慮して、いろいろな食材をいただくことです。バランスよくしっかり食べれば、それが目の疲れをとる食事になるということです。参考までに、目にいいとされる栄養素につい...

現代社会では、「液晶画面」が生活の中で必要不可欠なものになっています。液晶テレビ、パソコン、スマートフォン・・・全て液晶画面が使われていますし、多くの方が、1日のかなりの時間を液晶画面をじっと見つめて過ごします。液晶画面のLEDバックライトは「ブルーライト」が強い私たちの目に見える光(可視光線)は波長によって7色に分類されます。また、可視光線より外側の波長は、赤外線と紫外線に分類されます。図にまと...

目が疲れる原因のひとつに、近視や乱視などで、見え方にストレスを感じているケースがあります。一生懸命に見ようとするのですが、見え方がイマイチなため、目の筋肉、視神経、脳などが普通の人より疲労してしまうわけです。メガネやコンタクトレンズを調整しましょうメガネやコンタクトレンズを使用していると、だんだん視力が落ちてくることがあります。メガネやコンタクトレンズが悪いというわけではないのですが、度の強いメガ...