日本眼科学会のレーシックガイドラインについて記事一覧

1.術者エキシマレーザー装置を用いた屈折矯正手術は眼科専門領域で取り扱うべき治療法であり、日本眼科学会認定の眼科専門医であると同時に、角膜の生理や疾患ならびに眼光学に精通していることが術者としての必須条件である。本装置の使用に際しては、日本眼科学会の指定する屈折矯正手術講習会、および製造業者が実施する設置時講習会の両者を受講することが必要である。【解説】レーシック手術を行う医師の資格に関する規定で...

2.適応屈折異常の矯正において、眼鏡あるいはコンタクトレンズの装用が困難な場合、医学的あるいは他の合目的な理由が存在する場合、屈折矯正手術が検討の対象となる。ただし、エキシマレーザー装置による屈折矯正手術の長期予後についてはなお不確定な要素があること、正常な角膜に侵襲を加えることなどから慎重に適応例を選択しなければならない。【解説】レーシックは、だれでも受けられるのではなく、医学的に、レーシックが...

3.実施が禁忌(きんき)とされるもの(1)活動性の外眼部炎症(2)円錐角膜(3)白内障(核性近視)(4)ぶどう膜炎や強膜炎に伴う活動性の内眼部炎症(5)重症の糖尿病や重症のアトピー性疾患など、創傷治癒に影響を与える可能性の高い全身性あるいは免疫不全疾患(6)妊娠中または授乳中の女性【解説】レーシックしてはいけない具体的なケースを規定しています。(1)〜(4)について適応検査で医師の診察を受けて、医...

4.実施に慎重を要するもの(1)向精神薬(ブチロフェノン系向精神薬など)の服用者(2)緑内障(3)全身性の結合組織疾患(4)乾性角結膜炎(5)角膜ヘルペスの既往(6)屈折矯正手術の既往【解説】レーシックが可能かどうか、慎重に検討すべきケースを規定しています。もし心あたりがある場合は、医師にきちんと伝えて、医学的な判断をお願いしましょう。(1)向精神薬向精神薬を服用していると、目の調整機能がうまく作...

5.インフォームド・コンセントの必要性施術者は、エキシマレーザー屈折矯正手術に伴って発現する可能性のある合併症と問題点について十分に説明し、同意を得ることが必要である。特に、眼鏡やコンタクトレンズなどの矯正方法が他に存在すること、3D以内の近視については老視年齢に達したときにデメリットが生じる可能性があること、屈折矯正術後に何らかの疾病で受診した場合、本手術の既往について担当医に申告すること、を十...

6.術前スクリーニングについて術前には以下の諸検査を実施し、エキシマレーザー屈折矯正手術の適応があるか否かについて慎重に評価する必要がある。(1)視力検査:裸眼および矯正(2)屈折値検査:自覚、他覚、および散瞳下(3)角膜曲率半径計測(4)細隙灯顕微鏡検査(5)角膜形状検査(6)角膜厚測定(7)涙液検査(8)眼底検査(9)眼圧測定(10)瞳孔径測定(11)角膜径測定【解説】レーシックの施術前に、適...

7.術中の留意点について(1)日帰り、点眼麻酔による手術が基本である。両眼同時手術についての予測性、安全性はこれまでの臨床成績から十分確認されており、これを実施しても差し支えない。【解説】レーシックは基本的に日帰り手術になります。入院の必要はありません。麻酔は「点眼麻酔」で、フラップ作成の5分前くらいに点眼するだけです。麻酔というと注射のイメージがあるかもしれませんが、目薬タイプなので、痛い思いを...

8.術後の経過観察について翌日には必ず細隙灯顕微鏡による観察を行って異常をチェックする。その後も必要に応じて経過観察するが、スクリーニング検査で挙げた項目については経時的に評価すべきである。原則として、個々のパラメータが安定するとされる術後6か月目までフォローアップするが、その後も一般検査の中で長期経過を見守ることが望ましい。また、屈折矯正手術については、以下の術後合併症が知られており、これらにつ...