【レーシック基礎講座6】手術給付金をもらう方法

 

【1】手術給付金が出るかどうか保険会社に確認

 

もし、生命保険・医療保険などに入っているなら、レーシックする前に保険会社に連絡するようにしてください。なぜなら、保険のプランにもよりますが、レーシックが「手術給付金」の対象になっているかもしれないからです。

 

保険会社の、担当者に電話して、「今度、レーシックやろうと思ってますが、手術給付金は出るんでしょうか?」って感じで、手術給付金をもらえるかどうか確認しましょう。

 

保険のプランによっては出ないことも

 

ちなみに、手術給付金の金額については、加入している保険のプランによって変わってきます。当サイト管理人は、「7万円」の給付金をもらいましたが、知り合いが加入している保険では「10万円」ほど出たそうです。

 

保険会社の担当者に問い合わせる内容
  • 給付金はもらえるか?
  • 給付金の金額はいくらか?

 

いずれにしても、保険会社に確認しないことには始まりません。この2点について、保険会社の担当者に問い合わせてみてください。

 

【2】手術給付金をもらうための具体的な手続き

 

手術給付金をもらうためには、「手術給付金の申請書」というものを保険会社に提出する必要があります。

 

申請書の書式を保険会社から取り寄せて、レーシック当日にクリニックに提出すると、お医者さんが必要事項を記入してくれます。それを保険会社に提出すると、後日、あなたの口座に手術給付金が振り込まれます。

 

ごちゃごちゃ説明しても分かりにくいので、手順を整理しておきます。

 

ステップ1 保険会社に確認

 

保険会社に電話して、「レーシックを受ける予定だが、手術給付金はもらえるか?」ということを問い合わせてください。

 

ステップ2 手術給付金申請書の書式を取り寄せる

 

もし、あなたの加入している保険で手術給付金が出る場合は、保険会社に、「手術給付金申請書」の書式を送ってもらってください。

 

ステップ3 手術給付金申請書の書式をクリニックに提出

 

保険会社から取り寄せた「手術給付金申請書」の書式を、レーシックの当日に、クリニックの受付に提出してください。

 

ステップ4 翌日検診のときに記入済みの申請書を受け取る

 

クリニックに提出した申請書の書式に、お医者さんが必要事項を記入しておいてくれます。その記入済みの手術給付金申請書を、レーシック翌日の「翌日検診」のときに受け取って帰りましょう。

 

ステップ5 記入済みの手術給付金申請書を保険会社に郵送

 

クリニックでお医者さんに記入してもらった手術給付金申請書を、保険会社に郵送してください。すると、後日、保険会社からあなたの銀行口座に、手術給付金が振り込まれます。

 

手術給付金をもら方法についてお話ししましたがいかがでしたか?

 

せっかく保険に入ってるのであれば、給付金がもらえるかどうか聞くだけ聞いてみてください。もし数万円もらえたら助かりますよね。

 

逆に、本来もらえたはずの数万円を、手続きを忘れたためにもらえなかったとしたらどうでしょう? 悔しいですよね。そんなことにならないように気をつけてください。