【レーシック基礎講座5】適応検査の申し込み方法

 

適応検査の申込み方法を確認してみましょう

 

レーシックするなら適応検査を受けないといけない。ここまでは理解していただいたかと思います。では、具体的にどうやって適応検査&カウンセリングに申し込めばいいのか? 申込み方法が分からない方のために、申し込みの流れについて見ていきましょう。

 

※申込み方法についてすでに知ってる方は、このページは飛ばして大丈夫です。次のページ「レーシック基礎講座6」にお進みください。

 

ステップ1 適応検査の申し込みページにアクセス

 

 

神戸神奈川アイクリニックの公式サイト

 

 

ステップ2 希望検査日時と検査場所を選択

 

 

希望検査日時を第3希望まで選べますので、都合のいい日時を選択してください。

 

ステップ3 基本情報を入力

 

 

あなたのお名前や、連絡先などの基本情報を入力してください。メールアドレスや電話番号は、確実に連絡が取れる情報を入力しましょう。

 

ステップ4 連絡可能な時間帯

 

 

連絡可能な時間帯を選択してください。インターネットで申し込んだ後に、クリニック側から確認の電話などをもらって予約確定になります。

 

ステップ5 今現在の視力矯正方法を選択

 

 

レーシック前の、今現在の視力矯正方法を選びましょう。なぜこのような質問項目があるのかと言えば、コンタクトレンズなどは、レーシックの手術を受ける前に、「装着禁止期間」があるからです。

 

 

コンタクトレンズ装着禁止期間
近視用ソフトコンタクトレンズ

3日以上

乱視用ソフトコンタクトレンズ

3日以上

ハードコンタクトレンズ

2週間以上

連続装用ソフトコンタクトレンズ

2週間以上

 

ステップ6 現在の体調、病気などを記入

 

 

もし、今現在、病気をしていたり、お薬を飲んでいたりする場合には、ここに記入してください。レーシックでは、手術後に炎症を抑える薬などを処方されます。そのため、お薬同士の相性など事前に確認しておく必要があるということです。

 

妊娠・授乳期間中の女性について

 

妊娠・授乳期間中の女性は、レーシックを受けることができません。というのも、妊娠・授乳期間中の女性は、ホルモンの関係で、視力が変動する可能性があると言われているからです。

 

せっかくレーシックを受けても、その後、視力が変動してしまうと、見え方が変わってしまいます。該当する方は、妊娠・授乳期間が終わってから、レーシックを受けるようにしてください。

 

ステップ7 送信

 

以上、必要事項を記入し終わったら、内容を確認して、送信してください。

 

適応検査は無料で受けることができます。検査してもらって、カウンセリングを受けて、やっぱりレーシックしないという判断も自由です。検査しないことには何も始まらないですし、気軽に検査してみてはいかがでしょうか。

 

 

神戸神奈川アイクリニックの公式サイト

 

 

適応検査の申込み方法について説明しました。いかがでしたか?

 

悩むとすれば「コンタクトレンズ装着禁止期間」のところかなという気がします。決められた期間を守るようにして、検査の希望日時をスケジューリングしてみてください。