レーシック基礎講座記事一覧

【1】レーシックは角膜の表面をレーザーで削る手術レーシックは、「角膜」の表面をレーザーで0.1ミリほど削る手術です。目に入ってくる光を、「網膜」の位置でピントが合うように調整することが目的です。目の仕組み目は、「角膜」および「水晶体」という2枚のレンズと、「網膜」というスクリーンで構成されています。目に入ってくる光は、角膜と水晶体で屈折されて、網膜に映し出されます。そして、網膜に映しだされた光が電...

レーシックの手順 〜適応検査から術後検査まで〜レーシックには大きく3つの段階があります。1つ目はレーシック手術を受ける前の段階。準備期間ですね。2つ目はレーシック手術を受けている最中。ドキドキの瞬間です。そして3つ目はレーシック手術が終わってからの段階です。それぞれの段階で、注意していただきたいことがいろいろあります。ということで、詳しく見ていきましょう。適応検査レーシックを受ける前に、必ず「適応...

レーシックはお手軽なイメージがあるかもしれませんが、手術なので当然リスクもあります。リスクの内容を理解したうえで、レーシックするのか、あるいはメガネやコンタクトレンズで過ごすのか判断することが大切です。レーシックの3つのリスク「ドライアイ」のリスク「ハロー・グレア」のリスク「感染症」のリスク【1】「ドライアイ」のリスクレーシックの手術では、角膜表面の「薄膜」を円形にカットして、フラップと呼ばれる薄...

【1】適応検査の目的とは?レーシックを受ける前には、どのクリニックを選んでも、必ず「適応検査」を最初に受けます。適応検査は、あなたの目がレーシックに「適応」しているかどうかを調べる検査のことで、主に次の2点を調べます。適応検査の目的レーシックをしても問題ないか調べる(※目のコンディションをチェック)レーシックで角膜をどの程度削るか決める(※手術で使用するデータを収集)大前提として、何らかのトラブル...

適応検査の申込み方法を確認してみましょうレーシックするなら適応検査を受けないといけない。ここまでは理解していただいたかと思います。では、具体的にどうやって適応検査&カウンセリングに申し込めばいいのか? 申込み方法が分からない方のために、申し込みの流れについて見ていきましょう。※申込み方法についてすでに知ってる方は、このページは飛ばして大丈夫です。次のページ「レーシック基礎講座6」にお進みください。...

【1】手術給付金が出るかどうか保険会社に確認もし、生命保険・医療保険などに入っているなら、レーシックする前に保険会社に連絡するようにしてください。なぜなら、保険のプランにもよりますが、レーシックが「手術給付金」の対象になっているかもしれないからです。保険会社の、担当者に電話して、「今度、レーシックやろうと思ってますが、手術給付金は出るんでしょうか?」って感じで、手術給付金をもらえるかどうか確認しま...

【1】医療費控除に挑戦してみませんか?年間の医療費が「10万円」を超えるなら、確定申告することで、医療費控除を受けられる可能性があります。つまり、10万円以上するレーシックの施術メニューを選んだ場合は、いくらかお金が戻ってくる可能性があるということです。医療費控除で戻ってくる金額については、個人個人の所得や、保険や、他の医療費などによって変わってきます。そのため、金額を明確にお伝えできませんが、イ...

【1】浪費、消費、自己投資お金の使い方には「3種類」あります。具体的には「浪費」「消費」「自己投資」の3つです。それぞれ簡単に説明します。1.浪費「浪費」というのは、いわゆる「無駄遣い(むだづかい)」のことです。役に立たないモノやサービスを購入して、お金を減らすだけの行為のことを言います。例えば、何かの本を買ったとして、買っただけで読まなければ「浪費」になります。2.消費「消費」というのは、お金を...

レーシックに興味があるけど、なかなか決心がつかない。そんな人は多いと思います。目を手術するのが「怖い」という理由だったり、「費用が高い」といった理由だったり、さまざまな理由があることでしょう。レーシックは納得して受けることが大切個人的にはおすすめのレーシックですが、ネット上には悪い口コミ・評判も少なくありません。実際、レーシックにはメリットもありますが、デメリットもあります。大切な目を手術するわけ...